1. 「フォトウェディング」が人気の理由

 
近年人気の「フォトウェディング」。その人気の秘訣は「フォトウェディング」の挙式や披露宴を行わない、「写真だけを残す結婚式」という形式にあります。
結婚式が写真撮影だけとなれば、招待人数も少なく、会場代もかからないため、「費用が抑えられる」というメリットがあります。
さらに、人前に出るのに抵抗がある、という方もスタジオでの「フォトウェディング」であれば、安心して行うことができます。

それに加えて、現在は新型コロナウィルスの影響下で三密を避けるために大勢の人が集まりにくい状況となっておりますが、ごく少人数で行う「フォトウェディング」であれば、その点も心配はいりません。

そんな魅力でいっぱいの「フォトウェディング」ですが、やはり、失敗談も耳にします。

次に「フォトウェディング」をお考えの皆様に向けて、「フォトウェディング」でよくある後悔をご紹介致します。

2. 「フォトウェディング」のよくある後悔

ここでは、「フォトウェディング」でよくある後悔をご紹介致します。是非、ご参考になさってください。

①プランに含まれるものを確認せずに申し込む

「フォトウェディング」には「撮影プラン」というものが存在します。
撮影プランによって着ることができる衣装の種類(洋装か和装かなど)や撮影場所(スタジオ撮影かロケーション撮影かなど)、アルバムのカット数などが変わります。
そのため、申し込みの前にプラン内容を十分に確認しておかないと、「希望通りのオプションサービスを受けることができなかった」、「追加で申し込んだプランにないオプションを追加していたら、予算をかなり圧迫してしまった」などのケースに陥ることがあります。
これらはよくインターネットの口コミなどでも目にする花嫁さまの後悔です。

②ドレスのデザイン・サイズラインナップをチェックしていなかった!

ウェディングドレスには種類が多岐にわたります。
そのため、お客様がイメージされているドレスのほかにも違うデザインやカラーのドレスがあります。
さらに、サイズも幅広いです。

従って、希望のドレスが揃えられているかどうかを事前にチェックしておかないと、撮影時に後悔してしまうこともあります。
「袖付きのドレスは、自分に合うサイズがなかったから着れなかった」、「カラードレスはプラン料金外だった」などの後悔がないよう、こちらもお申込みの前にチェックしておきましょう。

さらに、HPなどにドレスラインナップ、サイズがしっかりと明記されていると安心ですね。

③ヘアメイクで希望のスタイルが当日できないことがわかった

ドレスと同じくヘアメイクも「フォトウェディング」では重要です。
例えば、「自分で思っていたアップスタイルは、エクステをつけないと出来なかった」、「ヘアチェンジは自分のプランにはなかった」、など当日に気づいても挽回できないこともございます。

「ヘアメイクさんと入念に相談しなかったから、自分の理想と違う姿で撮影することになってしまった」なんてことにならないように、希望がある場合は事前に伝えてみましょう。

④希望のポーズや構図が、思ったより撮れなかった

「フォトウェディング」では小物・アイテムなどを取り入れたり、撮影スタジオをうまく活用することで様々なポーズを撮ることができるという魅力があります。
しかし、事前に希望のポーズを伝えておかないとイメージ通りの写真が撮れないこともあります。
自分が撮りたい構図やポーズがあれば、こちらも事前に相談してみましょう。


例えば、ポーズをとるためにおふたり用に椅子が必要だったり、カメラマンが高いところに登らなければ撮れない構図などもあるかもしれません。
従って、予め自分たちが撮影するシーンやシチュエーションで撮影が可能か確認をしてみてください。

3. 「フォトウェディング」を撮影する上での注意点

続いて、「フォトウェディング」を撮影する上での注意点をご紹介致します。

①準備は余裕をもって

従来型の結婚式とは異なって会場を予約する必要も大勢の人を招待する必要もないとはいえ、スタジオ選びやスタジオ見学、ドレスの試着など、新婚の忙しい時期と重なると意外と前準備があわただしくなってしまいます。
そのため、撮影日から逆算して、三か月前くらいには準備を始められると、撮影まで余裕をもって準備ができそうです。

また、秋や梅雨前後などの前撮りの人気シーズンには撮影の予約が多くなってきます。そのため、そういった時期に「フォトウェディング」を考えている方は尚更早めにご準備いただくのが安心です。

②撮影場所と時期に注意

「フォトウェディング」では撮影方法として、「スタジオ撮影」と「ロケーション撮影」の二つがあります。
このうち、「ロケーション撮影」は文字通り、スタジオ外・屋外で撮影するため、スタジオ内では撮影が難しいダイナミックな写真が撮影でき、人気もあります。
しかし一方で、天候に左右されやすいというデメリットもございます。

梅雨や秋の台風の多い時期などは「天候に左右されるのは困る」、「天候が悪く延期になった場合、撮影候補日があまり多くとれない」という方はスタジオやチャペルのような、雨や雪でも心配のないロケーションでの撮影をお勧めします。

③夫婦お二人で事前に相談を

「フォトウェディング」は夫婦お二人の結婚式であり、撮影です。
そのため、どちらか片方だけが乗り気である、どちらか片方だけが「フォトウェディング」の下調べを行ってしまっている、という状況では、おふたりの間のポーズのイメージなどにミスマッチが起こってしまう可能性もございます。
おふたりが100%楽しんでもらうには、撮影プランや衣装、撮影シーズン、衣装・ポーズなどをお二人で事前に話し合い、具体的なイメージを作り上げていただくことが大切です。
ぜひお互いに調べたことは共有してみてください。

4. 絶対に後悔しない秘訣

せっかくの「フォトウェディング」ですから、絶対に後悔したくはない、絶対に成功させたいと皆様思っておられると思います。

そんな「フォトウェディング」を後悔なく、満足いくものにするためには、撮影の前に「フォトウェディング」の専門家に相談するのがおすすめです。

スタジオルミナスでは「フォトウェディング」について不安がある方や、お悩みえを抱えている方、アドバイスが欲しいと思っている方向けて、相談会を開催しています。

「フォトウェディング」をお考えの皆様は是非一度、足を運んでいただけると幸いです。

5. さらに満足するフォトウェディングにするには

「フォトウェディング」には数多くの撮影プランがあります。

「フォトウェディング」には、夫婦お二人だけではなく、親族を呼んで撮影を行う、「ファミリーフォトウェディング」や「チャペルでの撮影プラン」などがあります。


満足がいくお写真が残せるのはもちろん、おふたりの思い出にもしっかりと残ること間違いなく、一生に一度の機会にピッタリですね。

今だからこそ、なにか素敵な思い出を残したいという方はぜひご検討してみてください。

6. まとめ

今回のコラムでは「後悔のないフォトウェディング」をテーマに皆様にお役立ち情報をお伝えさせていただきました。

皆様だけの「フォトウェディング」が成功を納め、満足のいくものになればスタッフとしても幸いです。
スタジオルミナスでは多くのお客様のニーズに合うよう、多様な撮影プラン・衣装・撮影シーンを揃えて皆様をお待ちしております。

まずはお気軽にご相談からどうぞ。