前撮りの準備をする上で必要なポイント

前撮り前の準備は、スタジオから説明などがあるので、そこまで深く考える必要はないかもしれません。

ですが、一生に一度のお写真になるので、できる限り後悔の残らない、素敵なものにしたいですよね。

では、前撮り前にはどのような準備をすれば良いでしょうか?

衣装関連、撮影全般、考えることはたくさんありそうです。

ここではその前に、準備をする上で必要なポイントをまず解説していきます。

【前撮りの疑問を解決!】スタジオルミナスのLINE公式アカウントから無料見学会を予約する

なるべくはやめに準備しておく!

前撮りの準備として、よくいわれるのは衣装の下に着る肌着類などです。

もちろんこれらは準備しておく必要があります。

しかしそれに加えて、撮影の時には衣装の他にも撮影で使用する小物類の用意や、被写体であるご自身のコンディションの調整、また撮影における不明瞭な部分の解消など、考えるべきことが他にいくつかあります。

これらは、直前に準備するとなると追いつかなったりするので、事前に準備しておく必要があります。

なので、前撮りの日付が決まったあとは、なるべくその日を基準に準備をすすめていくようにしましょう。

撮影業者とのコミュニケーションを大切に

準備をしていく中で、スタジオによってすでに準備をされているものや追加料金がかかるもの・また使用不可のものなど、様々な決まりがあります。

「せっかく準備したのに、持ち込み不可だった…」

これは、コミュニケーション不足により起こりうることで、悲しいですよね。

なので、撮影業者とコミュニケーションをしっかりとることが大切です。

何がプラン内に含まれていて、新郎新婦様にはどのような準備が必要なのか、またどこまで自由度があるのかなどは、事前にすり合わせしておきましょう。

また、撮影時に不足しているものがあったり、基本プラン内には含まれていないものをオプションとして追加していった結果、思いのほか費用が高くなってしまった、という声を頂きます。

こうしたことからも、前撮りのスタジオを選ぶ前の段階の方も、前撮りの日程が決まったでも、撮影業者とのコミュニケーションを大切にしてくださいね。

ルミナス名古屋
(こちらはルミナス名古屋のスタジオで撮影されたものです)

前撮りの準備で必要なもの【衣装編】

前撮りの準備におけるポイントを解説していきましたが、ここからは具体的に何を準備すればよいのかを解説していきます。

まずは、撮影で着用する衣装について、本番の前に準備しておく必要があるものを見ていきます。

新婦編

新婦様は、和装や洋装を前撮りで着ることになるかと思います。

和装

新婦様は、和装では白無垢や色打掛など、素敵な衣装を着ることになると思います。

撮影業者によって、準備してあるもの/準備していないもの、また追加料金がかかるものなど、いくつか異なります。

ここではいくつか準備をする候補を挙げてみます。

補正用タオルとは、和装を着用する時に、体形を補正するために使用します。

上記のものは、スタジオによってはレンタル可能ですが、どうしても高くなってしまったりするので、準備できるものはしておいて損はないでしょう。

そのほか、季節によっては和装用のストッキングなども合ったほうがよいかもしれません。

ルミナス銀座
こちらはルミナス銀座で撮影されたものです。

洋装

ウェディングドレスを着用する上では、ドレス用の下着であるブライダルインナーやストッキングなどが準備するものとして挙げられます。

ただ、ブライダルインナーなどは、すでに手元にある場合は良いと思いますが、ない方もいると思います。

そんな方は、レンタルも検討としていれると良いです。

ブライダルインナーは、ドレスの形に変わってくるので、ドレスが決まってから購入するかレンタルするかを決めていけば良いかもしれません。

こちらはルミナス渋谷のスタジオで撮影されたものです。

新郎編

新郎様に関しても、和装と洋装とで分けてみていきます。

和装

男性は紋服などを着用しますが、その際に必要なものは下記になります。

スタジオなどによって用意してあるもの・追加料金がかかるものなどがあるので、ぜひチェックを忘れずにしてください。

こちらはルミナス渋谷のスタジオで撮影されたものです。

洋装

洋装においても和装とあまり変わりませんが以下が挙げられます。

タキシードを着るときに、目立ってしまってはいけないので下着は白を着用することが無難でしょう。

こちらはラメゾン幕張で撮影されたものです。

前撮りで準備するもの【衣装以外】

ここまで、新郎新婦様が撮影時に衣装関連で準備をするものを見ていきました。

ここからは、撮影を満足のいくものにするために、いくつかお二人で検討・準備しておいたほうが良いものを挙げていきます。

撮影時の小物の準備

実際に撮影をするとなった時、素敵な思い出ある写真になる一つのアイテムとして、小物を準備しておくと良いと思います。

代表的なものであれば指輪。

指輪があるだけでウェディングとしての雰囲気があり、夫婦としてこれから行動を共にしていく、そんな写真を残すことができます。

そのほかにもいくつか写真映えする小物をご紹介します。

和装であれば「扇子」「紙風船」などが挙げられます。

和の雰囲気を出してくれるこれらのアイテムは、写真に動きがでたり格式ある雰囲気・カジュアルな雰囲気など、お二人にあう空気を創ることができます。

また洋装であれば「赤い糸」「帽子」などが挙げられます。

スタジオやロケーションによって合う小物は変わってくると思うので、ぜひご検討ください。

もちろん、お二人の思い出になることが一番大切ですので、もともとの共通の趣味やアイテムをお持ちしても良いと思います。

美容面

「いざ撮影!」となったときに、肌のトラブルが…なんて、悲しいですよね。

なので、撮影日時が決まった後は、当日のお写真の仕上がりを満足のいくものにするためにも、スキンケアや体形などにいつも以上に気を遣うことになると思います。

直前になるとなかなか難しいこともあると思うので、前々からコツコツとケアしていきたい部分ですね。

ポーズの選定

お写真を撮るときに、カメラマンとコミュニケーションをとって撮影することになると思います。

その時に、カメラマンの指示通りポーズをすれば、良い写真を撮ることができます。

ただ、せっかくお写真を撮る機会なので、お二人が思い描くフォトにするためにも、事前にどのようなお写真を撮りたいかをすり合わせ、ポーズを考えたほうがよいでしょう。

いざ本番になりカメラを向けられると、なかなか緊張することもあると思うので、その前に他のお写真を参考にしながらイメージしたり選定したりしてみましょう。

こちらはラメゾン代官山で撮影されたものです

ロケーションを意識した準備も

撮影場所によっては、天候によって変更があったり、気温によって準備しておくべきものが変わったりすることもあります。

特にスタジオ撮影ではなく屋外で撮ることを想定している場合は、雨天などに対する対応は知っておく必要があります。

撮影当日になってバタバタしないためにも、撮影業者と密にコミュニケーションを撮って、不安のないようにしましょう。

不明な点を洗い出す

結論としては、当日の撮影をイメージすることが、一番大切です。

実際の動きをできるだけ考え、不明な点がないか、滞りなく撮影を行うことができるかをみていき、不確かなものは解消するようにしましょう。

そうすることで、当日は十分に撮影を楽しんで取り組むことができ、満足のいくお写真を撮ることができます。

一生に一度しかないものだからこそ、大切にしたいですね。

こちらはラメゾン横浜で撮影されたものです。

前撮り準備不足による失敗談

ここでは、前撮りの準備不足による失敗談をご紹介します。

失敗談① 費用が思ったよりかかった

スタジオを選び、撮影をするとなった時に、通常プランには含まれてはいないものも撮影において欠かせないものなどがでてくることがあります。

その都度オプション料金が発生し、思っていた以上に費用がかかってしまった…。

そんな経験談をよく耳にします。

「見お財布に優しそうに見えたから選んだプランも、自分たちが思い描くものにするためには「こんなに追加で費用が?」なんてことも。

そうならないために、お二方の理想の前撮りを考え、適切なスタジオを選ぶことが大切です。

ルミナススタジオでは、表示価格にすべてが含まれているので、衣装によるアップセルやデータをもらうには追加料金といったシステムではないので、安心して撮影することができます。

いくつかスタジオがございますので、気軽にご覧ください。(HPはこちら)

【前撮りの疑問を解決!】スタジオルミナスのLINE公式アカウントから無料見学会を予約する

失敗談② ヘアメイクやスタッフによるもの

ご自身が考えていたものとは異なるヘアメイクなどになってしまい、撮影に心から楽しむことができなくなってしまうことがあります。

事前にスタッフの方と意見をすり合わせて、満足のいくヘアメイク・撮影になるようにコミュニケーションをとっていきましょう。

失敗談③ 写真の仕上がり

撮影が終了し、いざ写真を見てみたら「あれ?」となってしまったら、悲しくありませんか?

そうならないためにも、スタジオで撮影されたお写真などを事前に見ておき、出来上がったものを見てお二方が手に取りたいものかを確認するようにしましょう。

ルミナススタジオでは、花嫁一人一人の理想を、フォトレタッチ(画像修整)を駆使して現実のものにしていきます。圧倒的な美しさをご提供します。

詳しくはこちらのページをご覧ください。

これらのように、せっかくの前撮りで後悔しないためにも、しっかりと準備することが大切です。

まとめ

ここまで、前撮りに必要な準備についてご紹介してきましたが、いかがでしたでしょうか。

「前撮り」を失敗しないための一番のポイントは、当日をしっかりイメージすることと撮影スタッフとのコミュニケーションになるかと思います。

お二方のイメージや、理想の写真イメージをどれだけ齟齬無く撮影スタッフに伝えられるかが「成功の秘訣」となりますので、ぜひ積極的に共有してみてください。

スタジオルミナスでは、スタッフ一同、新郎新婦様のご希望に添える素敵な前撮りになるようにサポートしています。

「前撮り」「フォトウェディング」に関してご質問等ございましたら、お気軽にご相談ください。

【前撮りの疑問を解決!】スタジオルミナスのLINE公式アカウントから無料見学会を予約する