1. 「フォトウエディング」とは

「フォトウェディング」とは、結婚式を挙げずに、写真撮影だけを行う結婚式のかたちのひとつです。

「フォトウェディング」はお二人だけの予定で日程を決められたり、挙式に比べて圧倒的に費用を抑えられるなどたくさんのメリットがあります。

挙式や披露宴にかかる平均費用は300万円ほどとなっていますが、「フォトウェディング」はその10分の1以下の費用で素敵な写真と思い出を残すことができます。

2.海外風のフォトウェディングが叶うスタジオのセットのお写真をご紹介!

ではさっそく、海外にいるような気分を味わえるセットを3つご紹介します。

①お花が咲き誇る石造りの街

ヨーロッパの街並みといえば、石造りが印象的ですよね。温暖な気候で一日中鮮やかな草花が咲き誇る地中海をイメージしてつくられたセットは、鮮やかな赤や黄色の花々が美しいシーン。

実際に撮影すると、木漏れ日のようなあたたかな光が降り注ぎ、まるで春にふたりだけで海外の街を訪れたのかと錯覚してしまいます。燦燦と輝く太陽が白壁の家々を照らす情景が目に浮かび、爽やかな潮風が鼻をくすぐるようです。

②英国の街並み

お次は、イギリスを思わせるアンティークなシーン。ほのかに輝く街灯の光が、1000年の歴史と伝統を紡ぐロンドンの重厚感ある街を照らします。

閑静な街並みで寄り添うおふたりは、まさに気品あふれる英国の紳士淑女。はたまた、パーティーを抜け出して、ふたりだけの幸せなひと時を過ごす名家の恋人のよう。

③リゾート風のチャペル

海外でのウエディングでやっぱり外せないのが、南国リゾートでのウエディング。ということで、最後はハワイを思わせるエキゾチックなチャペル。

最奥で輝く十字架が愛を誓うおふたりを照らし、神聖で幻想的な時間が流れます。静謐に包まれるチャペルは、今にも南国の海の静かな潮騒が聞こえてくるようです。

3.海外風のフォトウエディングが叶うスタジオ

海外風の撮影セットをご紹介してきましたが、「LUMINOUSお台場」と「LUMINOUS渋谷」なら、先ほどのような素敵なフォトウエディングが叶います。

【①お花が咲き誇る石造りの街と②英国の街並み】は

ルミナスお台場(〒 135-0064 東京都江東区青海二丁目5番10号 テレコムセンタービル東棟7階 https://studio.luminous.art/east/odaiba/)で、

【①お花が咲き誇る石造りの街と③リゾート風のチャペル】は

ルミナス渋谷(〒150-0002 東京都渋谷区渋谷1-23-16 cocoti(ココチ)4F https://studio.luminous.art/east/shibuya/

で撮影ができます。

どちらのスタジオも最寄り駅から徒歩数分と、アクセスの良さは抜群です。

4.フォトウェディング撮影の1週間前にすべきこと

海外に行くほどの手間はなくとも、準備は必須。

フォトウエディングの撮影の前に何をしておくべきか、少しだけご紹介します。

①小物類の用意

衣裳を着用する際に必要なインナー類やアクセサリーはレンタルできることもありますが、レンタルできない小物に関しては持参する必要があります。

事前にどのようなアイテムがあれば良いかスタジオに確認しておくとスムーズです。

なお、ルミナスでは、事前のお打ち合わせにて、撮影当日のお持物もご案内しております。

家族や友人などと一緒に撮影する場合は、参加される方にも準備をお願いしましょう。

②体調管理

撮影までは体調を崩さないように過ごしましょう。

撮影当日に最高の一枚を残せるよう、ぜひ万全の状態を整えてください。

5.まとめ

さて、海外風の撮影セットで行うフォトウエディングはいかがだったでしょうか。

海外での挙式を検討されていた方はもちろん、海外に行く予定がなかった方も、LUMINOUSのフォトウエディングであれば、一生に残る素敵な写真を残せます。

海外風のセットやフォトウエディングの雰囲気を体験してみたい方は、ぜひ下記URLからブライダルフェアをご予約ください。

また、フォトウエディングに関して、ご質問等ございましたら、LINEで気軽にお問い合わせ可能なので、ぜひご利用ください。

ルミナスお台場ブライダルフェア

https://studio.luminous.art/fair/venues/odaiba/

ルミナス渋谷ブライダルフェア

https://studio.luminous.art/fair/venues/shibuya/