1. 「フォトウェディング」がおすすめな理由

「フォトウェディング」は「写真だけの結婚式」とも言われており、結婚式を挙げることなく写真撮影を主体とするウェディングのカタチになります。

「フォトウェディング」は「フォトウェディング」でしか叶わない、おすすめポイントが数多く存在します。以降では、各おすすめポイントを掘り下げながら解説していきます。

①「三密」を作らない

これはコロナ禍における「今」だからこそ、注目されるポイントになります。「フォトウェディング」は、新型コロナウイルスの流行においての一番の懸念事項である「三密」を作りません。

屋外に出て撮影を行うロケーション撮影、室内で撮影を行うスタジオ撮影ともに、基本的には新郎新婦のお二人に加えてカメラマンとヘアメイクさんだけ、というように必要最低限の人数で撮影が行われます。

ソーシャルディスタンスが常に保たれた状態で、空間的にも余裕をもって安心して撮影に望んでいただける、という大きなメリットがあります。

②衣装選びの選択肢が広い

大勢の人を招待する従来型「結婚式」を挙げる場合、その場所の雰囲気にマッチする衣装やゲストの視線も考慮した衣装を選ぶ必要があるため、衣装選びにおいても何らかの制約がついてまわります。

しかし、新郎新婦のお二人のみでも十分に満喫できる「フォトウェディング」の場合、自由度の高い衣装選びを楽しむことができます。

また着替えに関しても、お色直しのようにゲストを待たせるということもありません。

お気に入りのカジュアルドレス、自前の着物や私服などで自由に撮影可能なスタジオもあります。

「フォトウェディング」では衣装選びの幅や選択肢が広がっていく、と言えるでしょう。

③費用が抑えられる

従来型「結婚式」の平均費用が300万円程度と言われる中、「フォトウェディング」の平均費用は数万~30万円程度になります。

費用が結婚式の10分の1近くも抑え込めることは、相当なメリットとなります。

その浮いた費用を新居や新婚旅行にまわすなど、他の必要事項への投資として使えることで、結婚生活に余裕をもってスタートすることができます。

④自分達のタイミングで日取りを決められる

従来型「結婚式」を挙げる場合は、家族の都合、会社の都合、ゲストの都合等、大勢の人が集まる場であるからこそ、日取りに関しても様々なことに配慮する必要があります。

しかし「フォトウェディング」であれば、撮影時間も半日~1日程度と短く、日程も自分達の好きなタイミングで行うことができます。加えてゲストの予定や都合を気にすることなく、完全に自分達のペースで行うことができる点に魅力を感じる方が多くいらっしゃいます。

⑤二人だけの特別な一枚が撮れる

「フォトウェディング」は、様々なシーンでの撮影をお選びいただけます。

例えばロケーション撮影であれば、野外に飛び出し「新緑や紅葉の中」「海」「都会」「公園」等、撮影許可さえおりれば比較的どこででも撮影が可能です。

スタジオ撮影であれば、豪華な邸宅、光輝くチャペル、花々に囲まれた幻想的な空間、和の雰囲気にマッチする茶室のような空間などが用意されています。

ここでしか撮れないロマンティックな「二人だけの特別な一枚」を撮影することを可能にしてくれる点も、「フォトウェディング」ならではと言えるでしょう。

⑥自分達のニーズや都合に対応してもらえる

「妊娠しているので、身体に負担をかけたくない」「再婚なので派手にしたくない」「パパママ婚なので、子供と一緒に写真を残したい」など、「フォトウェディング」をお選びになるお二人には様々な事情があることも。

完全にお二人のペースで、リラックスした状態で撮影を進められる点も「フォトウェディング」の魅力になります。当日誰にも邪魔されることなく、気兼ねなく自分達の世界感に浸ることができる点も好評です。

2. おすすめ「フォトウェディング」撮影スタジオを見つけるコツ

「フォトウェディング」がおすすめな理由が数多くあることは、お分かりいただけたかと思います。

以降では、よりクオリティの高い写真撮影にこだわっていただくため、おすすめ「フォトウェディング」撮影スタジオを見つけるコツについて詳しく解説していきます。

①自分のスタイルや好みの衣装があるスタジオ

ワンランク上のウェディングを検討される方は、皆様「衣装選び」に余念がありません。

華やかでエレガントな「ウェディングドレス」、日本美の結晶とも言える「白無垢」「色打掛」など、自分のスタイルやお好みにマッチした衣装があるスタジオを吟味する必要があります。

「衣装の数」「海外ブランドの衣装があるか」「デザイナーズドレスがあるか」なども、スタジオを比較検討する上で重要なポイントとなってきます。

ホームページやインスタグラムなどのSNSを活用して、各スタジオの衣装の品揃えを事前に確認しておきましょう。

②「洋装」「和装」どちらにも対応しているスタジオ

まだ「洋装」「和装」のどちらかを決め兼ねている段階では、両方の撮影プランを用意しているスタジオを選ぶことが重要です。

当初「洋装」のみでの撮影を検討されていた方であっても、実際スタジオ見学や衣装を試着している中で「和装」への興味が膨んでいき、最終的に「洋装」「和装」両方で撮影できるプランを選択される、というケースは珍しくありません。

また、選びきれない場合は「両方着てしまう」という選択が気軽にできる点も「フォトウェディング」の良いところ。納得がいくまで、衣装選びにもこだわることが可能になります。

③専門性の高いスタジオ

様々な事情で「和装」もしくは「洋装」どちらかのみでの撮影をご検討されている方には、より専門性の高いスタジオでの撮影をおすすめします。

「和装」もしくは「洋装」専門スタジオは、それぞれの衣装や小物の品揃えのみならず、ロケーションやスタジオ設営が非常に充実しています。

例えば「洋装」専門スタジオの場合、「格調高い歴史ある大邸宅や洋館」「幻想的な雰囲気のチャペル」撮影等、よりお二人の理想に近いウェディングスタイル空間が用意されている点も、専門スタジオならではと言えるでしょう。

本格的なセットや設備、撮影のためにこだわりぬいた上質な空間など、プレミアムな写真が撮影できる専門性の高いスタジオが日本国内には数多く存在します。

スタジオルミナス

自分がこの空間に入り込みたい!と思えるような写真を公開しているスタジオを探すことで、より満足度の高い写真を残すことができるでしょう。

④カット数が保障されているスタジオ

いざ撮影となったとき「基本プランに含まれているカット数は数枚程度であった」という話をよく耳にします。カット数がある程度保証されているスタジオの方が、自分好みの写真が撮影できる可能性が高まります。

基本プランに含まれるカット数にも注目してみましょう。

一見お手頃価格に見せかけて、カット数を増やすことで後から追加料金が発生するスタジオが数多く存在するので、注意が必要です。

⑤撮影データ込みのプランを用意しているスタジオ

プラン内容の中に撮影データが含まれているかどうかも、スタジオ選びにおいては重要になってきます。

写真だけで大丈夫!と思っていても、写真を結婚報告に使用したい、家族・友人に写真を贈りたいといった「データ活用」二―ズが後から出てくる可能性は否めません。

撮影データがあると、その後も思わぬ場面で活用することができます。スタジオ選びの際、注意されるとよいでしょう。

⑥レタッチ技術(画像処理)の有無を提示しているスタジオ

レタッチとは、花嫁様の美しさをより際立たせるための美肌加工や体系補正などの画像処理になります。レタッチを加える事で、より高級感のある写真作りが可能となります。

最上級のアルバム作りを検討される場合は、レタッチ対応の有無、またその技術の詳細情報を提示しているスタジオであるかも、重要なポイントとなってきます。

このような高い専門技術を駆使したアルバム作りは、ワンランク上の「上質」を目指す花嫁様にとって心強い存在となるでしょう。

3. まとめ

「フォトウェディング」がおすすめな理由とスタジオ選びのコツについてご紹介してきましたが、いかがでしたでしょうか。

「フォトウェディング」は、コロナ禍であってもお二人に安心して検討いただけるウェディングのカタチである、と言えます。

スタジオルミナスでは、「日本最大級の邸宅フォトスタジオ撮影」「洗練を極めたラグジュアリースタジオ撮影」「光眩い美しいチャペルのロケーション撮影」などお二人のお好みにあわせたシチュエーションでの撮影プランをご用意しております。

衣装も洗練極めたドレスや和装を100着以上ご用意しており、どの衣装も追加料金が発生することなくお選びいただけます。

「フォトウェディング」について気になる点などございましたら、お気軽にご相談ください。

スタジオルミナスのLINE公式アカウントから無料見学会を予約する